スポンサーリンク

ヤンマガ 『マイホームヒーロー』 1巻 感想 ネタバレ

コミック

マイホームヒーロー 1巻 感想 ネタバレ

面白いのに胸糞…

サスペンス小説好きな人は好きかも。

『マイホームヒーロー』とは

『マイホームヒーロー』は、山川直輝原作、朝基まさし作画による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2017年26号より連載中。

正直ヤング系の漫画ってそこまで好きな方ではないのです。

キングダムは大好きなんですけど、絵柄がリアルなのと胸糞な登場人物が多いから。笑

…偏見かもしれないけど。

リアルな残酷描写は苦手です…

マンガにはリアルよりフィクションとかエンターテインメントを求めてるので夢みたいな設定のが好き(≧▽≦)

しかし、これは面白いと勧められたので試しに1巻読んでみました。

胸糞が苦手なだけで、サスペンスは好きなので^_^

『マイホームヒーロー』 1巻 あらすじ

主人公の鳥栖哲雄は平凡なサラリーマン。

推理小説オタクであり、趣味で推理小説を50本も書くほど、ミステリの殺人トリックや殺害方法を知り尽くしている。

妻と娘の3人で幸せな家庭を築いてきた。

ある日、一人暮らし中の大学生の娘・零花に久しぶりに会った際、顔に暴力の痕跡を見つけてしまう。

零花を殴った男(彼氏)は、哲雄の妻の歌仙の実家の財産を奪い取るために零花に近づいたことや、過去に女性を殺害していることなどを偶然知ってしまう。

このままだと大切な娘の零花が殺されると、哲雄はこの男を逆に殺すことを衝動的に決意し、不意を突いて撲殺してしまう。

その後哲雄は、偶然部屋を訪ねてきた妻と共に、推理小説で培った知識で死体をバスルームで処理して証拠隠滅を図ろうとする。

『マイホームヒーロー』 1巻 感想

めちゃめちゃ面白かった!!!

マンガ読みながら久しぶりにヒヤヒヤしながら読みました。

これ小説でも面白いんじゃないだろうか。

タイトルの通り哲雄は『マイホームヒーロー』だと思う。

哲雄は本当は、ヒーローでも何でもない、多分よくいる普通のサラリーマンなんだけど、妙にかっこよく見える瞬間があるんですよね。

そしてお母さんも協力することになって、いい夫婦だなあ、いい家族だなぁ…って読んでて思うんだけど、

殺人者…

どっちに転んでも幸せにはなれない。

かわいそう…

彼等家族は普通に生きてただけなのに。

そして殺された青年のお父さんは…お…恐ろしい…。

こういう登場人物が苦手。。

ここまでの人間は実際にはいないかもしれないけど、妙にリアルに怖い人。。

けど、私は哲雄の妻に泣きそうになってしまった。

殺していない奥さんは自ら共犯を選んだ。

同じことが起きたら今度は自分が殺すと。

強い人だな。。

『この道は多分破滅に続いてる

バレれば人生終了

隠せても後悔地獄』

なんだか、ヤング誌で連載されている以上明るい結末は望まないほうがいいと思うし、このセリフのように彼等家族はどのルートを辿ったとしても破滅でしかない…

フィクションで良かったと思える、小説のような漫画でした。

続きも早く買おうと!

コメント