スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚  最新話 第14話『それぞれの思惑』感想 ネタバレあり

コミック

わたしの幸せな結婚  最新話 第14話『それぞれの思惑』感想 ネタバレあり

ガンガンONLINEにて大人気連載中の顎木あくみ原作・高坂りと漫画『わたしの幸せな結婚』

さっそくネタバレありの感想です!

突如、攫われてしまった美世!

一体誰が…?

ちなみに、前回の感想はこちら。

私のせいだと自分を責めるゆり江さん。

どうやら、清霞が渡したお守りを持っていくのを忘れてしまったようだったのだ…

犯人は辰石おじさんだと清霞は分かっているが、確証がない状態では手も足も出せない状態だった…

そんな時息子である辰石幸次が清霞の元へ来る。

…美世を助けてほしいと。

辰石の目的は美世の持つ

『薄刃の血』

という力を手に入れたいらしい。

この『薄刃の血』を手に入れる為に、美世は周りにも助けてもらえず、より孤独な立場に追いやられていたという…

美世は無能だと言われてるけど…

いったいどういう事なのでしょうか。

真実を知った幸次は怒りに任せて父に異能で立ち向かおうとするが、敵わず捕らえられてしまいます。

自分の無力さに嘆く幸次の前に、兄である一志が現れ、なんとか逃げることができ、清霞の元へ。

引用:ガンガンONLINE『わたしの幸せな結婚』

ぶっちゃけ、幸次はあまり好きではないけど、お兄さんはタイプが全然違くてカッコイイですね。

そして、

ついに清霞と幸次は斎森家へ乗り込みます。

うわぁ、清霞ブチギレてるじゃん。

門を爆破して乗り込むとは。

それだけ美世を大切にしてるってことなんだけど。

清霞の能力はとんでもないから、無事に助けることはできるとおもうけど、

美世の力とはいったい何なんでしょう。

無能と言われてたけど、実は違うなんて。

母方の能力なんですかね。

緊迫した状況はまだ続きそうですねぇ。

そろそろ香耶にもお灸をすえられるといいんですけどねぇ。

いくら母親のせいだとしても、美世への扱いはやりすぎだと思います。

コメント