スポンサーリンク

君を死なせないための物語(ストーリア)1巻 感想

コミック
きみを死なせないための物語 1 (ボニータ・コミックス)

君を死なせないための物語(ストーリア)

作者は『アンの世界地図 ~It’s a small world~』の吟鳥子先生。

宝島社『このマンガがすごい!2018』オンナ編の第7位にランクインした『きみを死なせないための物語(ストーリア)』(作画協力:中澤泉汰)
表紙の美麗ぷりが気になって購入。

この美麗さとSFが私にはなんともミスマッチ感を感じて逆に気になりました。
昭和の少女漫画的耽美さというか。

あらすじ

 

宇宙に浮かぶ都市文明「コクーン」。国連大学の学生で、幼なじみのアラタ、ターラ、シーザー、ルイの4人組は、宇宙時代に適応した新人類“ネオテニイ”のこどもたちだった。

ある日、彼らは歓楽街の路地で緑の髪の少女に出会う……。

 

登場人物

wikiがまだなかった…涙

アラタ  東京コクーン出身。国連大学の学生。     

シーザー NYコクーン出身。名門の家柄。
     アラタ達と親友パートナーを結んでいてる。

ターラ デリーコクーン出身。
    アラタ達と親友パートナーを結んでいる

ルイ  芸術家でインモラリスト。
    アラタ達と親友パートナーを結んでいる。
    アラタ・シーザーを歓楽街に連れ出す

祇園  歓楽街の住人。
    緑の髪の美しい少女。
    ダフネー症

 

感想

表紙の印象と全然違いました。
てっきりファンタジー要素強めのお話しだとばかり思ってたんですけど…。

いい意味で予想を裏切ってくれました

恐らく1巻は導入巻なのでしょう。

様々な設定と用語が多くてすぐには理解できない。だけど漠然とした世界観は分かった。

宇宙時代に適応して生まれた「進化した人類」幼形成熟(ネオニティ)の本多アラタ、皇帝(シーザー)、星(ターラ)、王様(ルイ)、幼い頃からの親友(キッズパートナー)の4人。ルイと緑人(ダフネー)症の祇園さんの結婚式後、彼女は最上階から落下してしまう…。16年後、アラタがダフネー症の被験体と出会う。

この時点で用語多すぎ!笑

…完全に序章に過ぎないですね。

タイトルの『君を死なせないための物語』の『君』というのは最後に出てきたダフネー症のこの少女のことなのだろうか。

寿命が数百年あるネオテニイ、光合成をして生きている短命のダフネー、契約という形のパートナー制
…謎だらけ。ネオニティとダフネーには何か関係があるのでしょうか。

作者のインタビュー記事を読んでいたら、

パートナー制度については、SNSの文化から考え始めたようで。

たしかに人が人を限定してつきあうとか、相互フォローしあって会話をするとか、そうしたシステムはこの物語のパートナー制に似てるような気がする。

 

だけど実際そんな世界ってどうなんだろう?

とても道徳的だとは思うけど。。
すごく窮屈。決められた通りに生きて死ぬのかな。

だから、
ターラの両親は『愛』で結ばれたと言っていて感動してしまった
そんな契約世界の中でも愛はちゃんとあるんだね。

どんなに抑圧された世界でも人は愛を求めてるんだなぁ。

ターラはアラタを。

シーザーはルイを。

ルイは祇園を…

最初シーザーはターラだと思ってたけど本当はルイが好きなのか?

ルイは男だよね!?…性別で決めるのは野暮なのかな。

 

カテゴリー的にはSFものなんだけど、それだけじゃなく少女漫画らしく『愛』や『恋』という心理描写がとても惹きつけられる。

そして絵がすごく綺麗。

まさしく美麗!!

ルイと祇園さんの2ショットは特に!

肝心なストーリーも次から本格的なようでここからが本格的に楽しみです。

 

 

きみを死なせないための物語 2 (ボニータ・コミックス)

コメント