スポンサーリンク

劇場版名探偵コナンでの怪盗キッド出演作品おすすめランキング

アニメ

青山剛昌による国民的名作『名探偵コナン』1996年からテレビアニメ放送開始、1997年からは劇場版シリーズも毎年1作ずつ公開されています。
最新作2019年4月公開開始『紺青の拳』も大人気ですね。

私は記念すべき第1作『時計じかけの摩天楼』から全作品映画館に足を運んで見ています。

もう23年目ですけど…笑

『紺青の拳』は怪盗キッドと京極真がコナン君と共に大活躍のストーリーでした。
私の推し、怪盗キッドが出演作品の独断と偏見でランキング付けしちゃいます。

劇場版名探偵コナン、怪盗キッド出演作一覧

公開順に、
第3作目『世紀末の魔術師』1999年
第8作目『銀翼の奇術師』2004年
第10作目『探偵たちの鎮魂歌』2006年
第14作目『天空の難破船』2010年
第19作目『業火の向日葵』2015年
第23作目『紺青の拳』2019年

全部で6作品ですね。
改めてみると劇場版でいつものメンバー以外で最多出演なのでは…?
それくらい怪盗キッドは人気ですもんね。
私も一番キッドが好きです。

早速、独断と偏見によるおすすめランキング発表!

第6位 業火の向日葵(2015年)

キッドはカッコイイのは言うまでもないのです!
この作品完全に主役キッドじゃない!?ってくらい、ちょっとコナン君の見せ場が…笑

しかし、予告編で過度に期待しすぎてしまったというか…
ゴッホの名画『ひまわり』を巡るミステリーなんて面白くないはずがない!主題歌のポルノグラフィティの『オー!リバル』も本当にかっこよくて、とにかく上がりすぎた自分の中のハードルを越えられなかったのかな。

せっかくのゴッホのひまわりをもう少しミステリー強めにしてほしかったなぁ、と。

結果、ゴッホや名画ひまわりへの興味がわいて、オランダ旅行にも行ったくらい。笑

第5位 探偵たちの鎮魂歌(2006年)

この作品は劇場版の10作品目という記念すべき作品だったのでオールスター登場作品でした。
舞台は大好きな横浜だったのでテンション高め。
私的には白馬探(cv石田彰様♡)が出てくれた事が嬉しかった。
作品的にはこの作品は大好きなのですがキッドメインではないのでこの順位かな。

第4位 紺青の拳(2019年)

最新作です。先週見に行きました!
アクションがどんどんスケールアップしてます。
海外でも大暴れ。笑
どのキャラクターにも見せ場があるからキャラクターが好きなひとは楽しめる。
ラブコメもあるし、今回は比較的推理要素も多めだったのも良かった。
推理・アクション・ラブコメのバランスが近年の作品のなかではとれると思います。

まるで主人公がキッドのようだったのでキッド好きなら間違いなし。

第3位 天空の難破船(2010年)

この作品で劇場版も小五郎のおちゃんの声優さん交代だったのでおっちゃんの出番は少なかったですね。
当時はおっちゃんの声優さん交代は慣れるまで違和感だったので。
小山力也さんは大好きな声優さんで申し分もないのですけど長年耳がなれっちゃってたからね…
今はもう力也さんで違和感ないです。
この作品もアクションメインで推理はあまりないです。
コナンとキッドの息が妙にあってる作品でお好み焼ギャグとか笑えるシーン多めかな。
あとはキッドと蘭とコナンのラブ要素も多かった。
蘭が新一に変装したキッドが新一じゃないと見破るのはさすが。
だって顔も声もほぼ一緒だもん。中の人的に。

第2位 銀翼の奇術師(2004年)

この作品の最大の見せ場はラストからエンディングだと思います。
蘭ちゃんが飛行機を不時着させるのですが、キッドがパトカーを誘導して見事に臨時の着陸場を作ってしまう。
さすがキッド様♡
新一(というかコナン君)のアシストもあり無事着陸するんだけど、本当にハラハラした。
そこからの愛内里菜のエンディングが始まるんだけど飛行機の実写がめちゃくちゃカッコイイ。
飛行機ってかっこいいなと幼いころ憧れました。
劇場版らしい派手なパニック映画かな。
推理要素は少ないんだけどすごくハラハラした作品です。

第1位 世紀末の魔術師(1999年)

古参アピではありません。笑

やっぱり初めてあの大きなスクリーンでみたキッド様のかっこよさが忘れられません。笑
『さぁ、ショーのはじまりだ』だっけかなぁ(ちょっと間違えてるかも)
初登場シーンが本当にかっこいい。
勝平さんサイコー!

正直絵は今見るとちょっと古い感じがするのですがストーリーも本当に面白い。
ミステリーとアクションのバランスがいい。
しっかりミステリーをした後は怒涛のアクション。
ロマノフ王朝の話が絡んでくるのですがすごく興味わきました。

この作品があったからこそキッドがたくさん映画に出るようになったと思える作品。

まとめ

見事に古参アピなのか懐古厨なのか…
と誤解されそうな結果になってしまいました…ww

しかし、幼いころ映画館で興奮して観たという思いで補正もあるかもしれませんが、やはり名探偵コナンという名前だけあって多少の推理要素がある作品の方が結果面白いなと思います。
最近はアクションに比重が高めだからね。しょうがないけど。

世紀末の魔術師は、キッドとコナンの関係が好敵手という言葉が本当によく似合う。

ちょっと絵柄は古いかもだけど是非昔の作品のクオリティーは本当間違いないのでぜひ見てほしいです。
劇場版ならではの設定のなぜかコナン君の正体が工藤新一であることを何故かキッドは知っている。
ここはツッコまず素直に見ましょう。笑


コメント